なぜか勝てる!?エルネストバルべルデの秘密!

どうも、ユウキです!
ここ3日ぐらい更新を忘れて、ひたすらマイクラブやってましたW
んで、ひっさしぶりに5連勝できました♪

ここ最近、自分に合う監督を変えたり、運よく手に入れたFP選手を色々使ってみたり・・。
それが原因か、レート520まで落ち込みまして(笑)ちょっと心が折れていた僕なんですけど
救いの神が来ましたよ!その名も・・・。

「 エルネスト・バルベルデ! 」

これに代えてから、レートが200ぐらい上がっているので
監督が強いのか、僕がうまくなったのか?後者はないとして
エルネストバルベルデを使ってみた感じを書いていきますのでお付き合いを♪

エルネスト・バルベルデの戦術

こんな感じ!
特徴的なのは、守備コンセプトですね!
フォアチェック、アグレッシブでコンパクトネスとディフェンスラインが
鬼高い!っていうわかりやすいガンガン系の監督。

攻撃は、ポゼッションでビルドアップがショートパスでサポート距離が普通。

ここを見て!バルベルデの良さ

今までは、フォアチェックのセーフティーの監督を使っていたので
バルベルデ代えたらよくわかるのが、守備のプレスの速さですね!

中盤の前向かせない守備でAIがどんどん前へ前ヘ行ってくれます。
んでボールを持つと、フォワードが3枚前で残ってるので、下へ上へ真ん中へと当て放題。
高い位置でボールを奪って、サイドバックが戻れてないところにスルーパス当てて
サイドから攻めて点取れることが多くなってのが勝率を上げている理由。

この形が鉄板なんですよね!

中央でプレスが速い監督なので、相手はサイドにボールを散らしていきます。
この時に攻撃を遅らせることができるとサイドバックも攻撃に参加してきます。

ここがねらい目!で全力守備!
この時にボールが取れると、上の絵のような形を作れます。マジで強いです!

バルベルデのデメリット

もうこれは、フォアチェック、アグレッシブ監督は全部かもしれませんが、
裏のケアが大変で守備にかなり神経を使います(笑)

例えば、CFにボールを当てられるとマークについているCBはボールを取りに行きます。
そこをワンツーで交わされたり、シュートキャンセルで入れ替われたり
キーバーと一対一までもっていかれます。

あとは、中盤が3枚しかいないので、コンパクトネスは高いんですがスペースがどうしても広くなってしまいます。

なので、スピードのある選手でガンガンドリブル仕掛けられたりもしますので
ここもかなり神経を使うところ!

このデメリットをつぶすために
カーソルのチェンジがうまくならないと厳しいです。
スペースをつぶすように選手を配置させたり、走り込んでいる選手のパスコースを切るようにしたり
パスコースに入れなくても、相手がボールをトラップする時にしっかり寄せれるようにしないとDFを配置させることが大事!

まとめ

んと、まぁ色々書いていきましたが
バルベルデを使ってみての感想はこんなところです。
やっていて思うのが、この監督を使うと守備に神経を使います(笑)
メチャクチャ疲れますw

逆になんか対人戦での守備の練習にはかなりいいと思います。
こうやってウイイレうまくなっていくのかなぁ~という感覚があったので
記事にしてみました!

もし、今やってみてなんかな~って思っている方は
思い切って監督を変えてやってみるのも面白いですよ!

では!今日はこの辺で!

関連記事 (一部広告を含む)