待ってました!大型アップデート!
今のままでもゲームバランスとかも結構満足していて楽しめていたんですが
発売から2か月でアップデート!

アップデートして、プレイにどんな変化が出てくるのか?
ゲームバランスが崩壊してしまうのか?
さらにプレイの実力差が表れるようになるのか?
その辺りも注目で一体なにがどう変わったのかを一個ずつ見ていきましょ!!

まずは、追加の情報

CFA Super LeagueとTOYOTA Thai Leagueの追加!
それに伴ってのユニとスパイクの追加やフェイスが大幅に追加されています。

CFA Super LeagueとTOYOTA Thai Leagueってのはぶっちゃけ勉強不足で
さっぱりわからなかったんですが、よく調べると中国とタイのリーグでやっぱり凄い選手はいるみたいです。
タイリーグだと、タイのメッシって言われているチャナティップ ソングラシンとか・・う~んわからんけど(笑)

それよりも中国スーパーリーグはやばいですね!金持っているな~~って感じです!
アトレティコ・マドリーでプレイしていたアウグスト・フェルナンデスやバルサのマスチェラーノなどなどトッププレイヤーが結構いて面白いなーって感想です!

注目のゲームプレイの調整

いやここが、かなり重要でこのゲームプレイの調整で今までできたプレイができなくなる。。。ないし精度が落ちてくるようになったりもしますし、また新しいプレイが編み出される要因なったりしますので要チェック!

ざっくりこんな感じです!

  • COMの中央からウイングへのロングパスの頻度を下げた。
  • COMのサイドからの低いクロスボールを使う頻度を調整
  • COMのドリブルの思考が敵のポジションを判断して積極的にゴールに向かうように調整
  • COMのシュートの思考が積極的にシュートを打つように調整
  • キーパーと一対一になった時にキーパーが前に出るように調整
  • ハイボールの競り合いでディフェンス側の選手が動けなくなる問題の修正
  • ヘディングシュートでフリーの状態の時の精度上がるように調整
  • ループシュートの精度の調整

上から4つ目までは、対COM戦の時のCOMの動き方が変わったよ~って感じで特に重要ではないんですが
5つ目からはかなり重要です。

まず、キーパーの一対一の時にキーパーがシュートコースをふさぐために前に出てくるようになったので
今後はループシュートが有効になってきそうですね。
でも最後のループシュートの精度の調整ってことでよくなっているのか悪くなっているのか?ですよね^^
選手によると思うけど、精度は落ちているように感じます。
なので使う機会は増えるけど枠上にふかして「わぁーー!!」何てこともありそうですw

あとはフリーの時のヘディングの精度が上がったのはうれしいです。
バスドストみたいなでかくて、ヘディング強い選手が活躍しそうですね!

最後に

色々アプデの情報を見てみましたが、いや~今回のアプデでまた面白くなりそうです
鉄板の得点パターンなんかも増えそうで楽しめそうですね~!

アプデ後やってみてこんな変化があったよ~みたいな事もあればぜひ教えてくださいね~!では!バイバイ!

関連記事 (一部広告を含む)