PvPの新バトル環境をやってみての感想と考察【ドラゴンボールレジェンズ】

6月1日からドラゴンボールレジェンズの
バトルシステムが変わって、PvPの戦い方というのが大きく変わりました!
この記事では、新環境の変更点やこんな戦い方をするといいよ!というのを
一シーズンやってみて思ったことやなどを書いていきます。

こんな方に記事を見てほしい!


・なかなかPvPで勝てないよ~・・って方(以前より勝てなくなった)
・PvPで勝率を上げる強い動きを知りたいって方

このような方が対象です!さっそく目次からどうぞ!

というか、今シーズンの順位はどんな感じだったの??

たしかにPvP全然やっていない方の意見というのは
信ぴょう性に欠けるので一応僕のバトルシステムが変わってすぐの
レートがこんな感じです。

ランキングの順位

レートは7300ぐらいだったと思います。
メチャ凄い順位でもないけど、このくらいやっていれば色々わかることもあるよねってことで
そこまで行けてない方の参考になれば幸いです!

以前のバトルシステムからの変更点!

まず、ここをしっかり理解していないと勝てませんということで
かなりざっくりですが、ポイントとなる部分を紹介していきますね!
「 もう知っているよ!! 」 って方は飛ばしてくださいね^^

【最重要】新アクション「タックル」メリットとデメリット

タックル

これがまず大きく変わった要素の一つである新アクションの「タックル」です。
やり方は、中距離にいるときにアーツ以外のところを一回タップすると出ます。

タックルのメリット


・発動後にタップショットと一緒で隙がないので反撃を受けにくい。
・中距離で相手に回避を使わせることができる。
・タックルがヒット時にライジングラッシュ以外のアーツがつながる。

タックルのデメリット


・タックル発動食後にアーツを入れられると攻撃を受ける

といった感じなんですが、はっきりいってタックル発動さえしてしまえば
デメリットがないので、かなり強いです。しっかり使っていきましょう!

細かいけど、知らなきゃ勝てないドラゴンボールレジェンズPvPの変更点

  1. 射撃キャンセルしなくても回避が入れられるようになり、以前は射撃キャンセル後にタイミングが早くアーツやタップアタックを入れると軸がずれてしまう現象がなくなった。
  2. ライジングドライブ(ライジングを避けられてもこちらの打撃アーツが入る技)ができなくなった。
  3. 単発打撃(タップアタック)で相殺後の単発射撃(タップショット)の暴発がなくなった。
  4. 遠距離からさらに後ろに交代するとバニッシングゲージを減っていくようになった。
  5. 射撃アーマーが発動時のバニッシングゲージの回復がなくなった
  6. カバーチェンジの入力受付時間が長くなった。
  7. 遠距離からしか、打撃キャンセルができなくなった。

さらに細かいところを見ていけばまだありますが、
PvPで注意しないといけないと感じたのは、この6項目ですね!
ざっとみてもらえばわかると思いますが、全体的にプレイスキルの差が出ないようになった印象です。

例えば、射撃キャンセル(射撃を撃った後の硬直時間をなくすために前ダッシュを入力する技)に関しても
この前ダッシュのタイミングのスキルで回避ができなかったり、前ダッシュ後のアーツのタイミングで
軸ずれが起こったりとタイニングが難しくプレイスキルの差が出たところも改善されていますね。

これは、今までがっつりPvPをやっていたプレイヤーからするとかなり他のプレイヤーと差が出ていたところなので厳しいと思いますがこれから始めるプレイヤーには嬉しい変化だといえます。

でもなかなか勝てない・・。そんなあなたは次の記事を見てくださいね!
次からは新環境での立ち回りの紹介です。

新環境のPvPで勝率を上げる立ち回り

新環境に代わってからのPvPをやってきて、これは強いなーというのと
この動きは弱いなーというのが分かってきました。そのあたりも含めて勝率を上げる
ポイントを紹介したいと思います。

勝率を上げるポイント!


・待ちがかなり弱体化したので攻めよう!
・射撃アーツ主体で攻めよう!
・距離をしっかり把握しよう。
・相手の回避のクセを読もう!

こんな感じです!一つずつ解説していきます!

1.待ちがかなり弱体化したので攻めよう!

今までは、待ちがかなり有利でした。
ひたすら後退して、バニッシングゲージと気力を回復しつつ
相手の攻撃に必殺をかぶせたり、回避してからの攻撃などかなり待ちが主体でしたが
今回の変更で、待ちのメリットはあまりなくなりました。

さらには中距離からのタックルが追加されたので
中距離で待っていると、タックルで回避を使わされて好き放題やられます・・。
そこでこちらからの攻撃なわけです。

ただ攻撃に関しては、いきなり打撃アーツはキャンセルができなくなり
中距離から遠距離で相手に回避された瞬間に反撃うけることになってしまうので
射撃アーツかタックルから入るのがオススメです!

2.射撃アーツ主体で攻めよう!

先にも書きましたが、打撃が弱くなった代わりに射撃アーツはかなり優秀です。
最速回避(相手のビックリマークを見る前に回避しちゃっている状態)を取られない限りは
射撃アーツ → 前ダッシュ → 通常打撃(タップアタック)で相手を止められます。

これができるとこちらは回避を使っていないが相手は回避を使ってしまっていて回避ができない状態で
中距離で対峙するためにかなり有利な立ち回りができます。

【補足】変更点で射撃キャンセルしなくても回避はできるようになりましたが、
キャンセルをしないと回避以外の行動はできません。例えば、射撃アーツ→アーツだったり
射撃アーツ→メインアビリティーだったりという行動は発動に時間がかかってしまいます。

3、距離をしっかり把握しよう

ここがかなり大事で!
中距離で待たないように心がけよう!
コンボ終わりの気力回復の時も中距離にいるとタックルが飛んできたときに
当たってコンボを取られるか、回避してもバニッシングゲージを使わされてしまい
どちらも不利になってきます。

回避して交代するっていう手もありますが
これが続くと不利な属性との対面でも交代できなくなり相手に有利属性でボコボコの大ダメージを
受けることになります。正直キャラのインフレで攻撃力がドンドン上がってきていますので
不利で殴られるのは一瞬で壊滅する盤面を作ってしまうので要注意です。

なので、コンボ終わりなどは遠距離まで下がって気力回復することをオススメします。

4、相手の回避のクセを読もう!

これに関しては、変更前も後も正直変わらないのですが
近距離の読み合いの時に相手がどのタイミングで回避しているのかは
しっかりチェックしましょう!

すぐ回避を入れるタイプなのか?
ちょっと見てから回避するタイプなのか?
それともガンガン突っ込んで攻撃をいれてくるタイプか?

これはかなり重要です!うまい方になってくると
毎回パターンを変えてくるので正直、運になってくるんですが
一度染みついたクセというのはなかなか臨機応変にできないものです。

相手のクセを見切ってドンドン有利に試合を進めていきましょう!

新環境のPvPで強いテクニック動画

今回は、「ダッシュタックル」というものを紹介します。
先ほども書いていますが、相手はタックルを当たらないようにするために
遠距離で回復や待機カウントを稼いだりします。

それを一気に詰めて、こっちのターンにするテクニックです!
かなり強いのでしっかり見て覚えてくださいね^^

フジヤさんの動画ですが、かなりうまい方なので立ち回りなども参考にしてみてはいかがでしょうか??

ということで、今回は、「PvPの新バトル環境をやってみての感想と考察」を
書いてみたのですが、ぜひ今後のPvPの参考にしてもらえると嬉しいです!
それでは、また!

関連記事 (一部広告を含む)